【DO!BOOK・ページリンク】
tsukumaru2018_05m   6 / 24

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


1 3 かつては農家の住まいだった国 の登録有形文化財「つくば文化 郷」内にある、スペシャルティ珈 琲専門店。珈琲豆の販売と喫茶、 ちょっとした雑貨の販売も。喫茶 店文化が根付く名古屋出身のご主 人と、子どもの頃からずっとこの 場所に縁があった茨城出身の奥 様、夫婦2人で営んでいる。 コーヒーと一緒に食べられるも のを目指したこちらのコーヒーゼ リー。お店でも販売している「赤 もみじブレンド」を使用、コクを 楽しめる。甘さが欲しい方はバニ ラアイスのせ、シンプルに味わい たい方はミルク添えと選べるのも うれしい。 静かで、自然があって、何とも 言えないこの場所の雰囲気が気に 入り2010年に「離れ」で開業 したが、2016年に施設全体の 新事業計画によりやむなく「納 屋」に移転。「離れ」に出会い、 いつかお店を開きたい、と考えて いたのが具体的に形になった2人 にとって移転は断腸の思いだった そうだが、いいことも。「離れ」は 奥まった場所にあったが「納屋」 は通り沿い。表に出てきた分、目 につきやすくなり近所の方がよく 来てくれるようになったそう。 移転で「愛着」のあるこの場所 を離れることは考えなかったとご 主人。そしてずっと通ってくれる お客様や県外からのお客様に「定 着」していることもあった。人の 入れ替わりの激しいつくばで 「帰る場所」になれれば。そん な思いを持ち続けている。そし てここだけではなく、使える場 所は壊さずに。「新しいものと 古いものの共存」という、つく ばのいいところも残していけれ ば、とも考えている。 お店には移転の際にお客様と 交わした「握手」を型取りした ものが。以前の「離れ」でお客 様ひとりひとりと「まめは」が 重ねてきた思い出と縁がぎゅっ と詰まったものだ。その「縁」 は現在の場所でもずっと、紡が れていく。 ※価格は全て税込 1.珈琲豆は定番から珍しいものまで、常時10種類ほどが揃う。全てスペシャルティ珈琲豆。ラインナップは頻 繁に変わるのでこまめにチェックして。 2.土浦「千勝堂本店」に特注して作ってもらう「まめコッペパン」(¥350)は懐かしく素朴な味。 3.まめはの定番デザート「珈琲ゼリー」はもともとバニラアイスのせ(写真右、¥450)のみだったが、お客様か らの要望でミルク添え(写真左、¥400)も登場。 新たな場所でも紡がれていく「縁」 2 住所/つくば市吉瀬1679-1 つくば文化郷内 営業時間/10:00〜19:00(喫茶L.O. 18:30) 電話/029-857-2181 定休日/水曜 駐車場/つくば文化郷の駐車場を利用 http://r.goope.jp/coffee-mameha 土浦学園線 東大通り 花室 学園東 郵便局 ファミリー マート 天下一品 まめはセブン イレブン つくば文化郷 別館 吉瀬 千現1丁目南 珈琲屋 まめは 6