【DO!BOOK・ページリンク】
tsukumaru2017_4m   28 / 28

BOOKをみる

10秒後にBOOKのページに移動します


〒305-0062 つくば市赤塚678-3 再生可能エネルギー発電事業部 TEL 029-886-9686 携帯 090-4815-3072(平戸) 自然素材・木の家 合同会社 http://sizensozai-kinoie.com 自然素材 木の家検 索セブンイレブン 木の家 西大通り カメラの GS キタムラ 環境研ココス茗溪 学園 354 R水素は再エネを使って(太陽光発電等)「水」から取りだせる水素のこと。 化石燃料からの水素は行き詰まりがあきらか。 持続可能エネルギー。それはR水素 R水素製造装置(土浦市荒川沖)実証実験中 GRID FREE RH2 システム概要 R水素(リニューアブル・ハイドロゲン) 実証実験は順調に進んでいます。 ●太陽光1.5kWで発電した電力をパソコンなどで使い、使って いない電力で水を電気分解して水素に変換します。 ●電気分解の時に出る5気圧の圧力で、水素吸蔵合金キャニ スターに入れて貯蔵します。 ●水素吸蔵合金キャニスターの水素貯蔵量は約178g(約 89g×2本) ●貯蔵している水素を燃料電池に入れて発電(2kWh分 ×2本=4kWh)し、太陽光のない夜間や悪天候時に PCなどの電力として使用しています。 ●貯蔵電源がなくなりそうになったときはチャイムで知らせ ます。 ●水素吸蔵合金は、消防庁の危険物データベースに非 危険物として登録されています。 ●水素吸蔵合金キャニスターは、ISO16111の安全性・ 信頼性評価試験に合格しています。 土浦市荒川沖でR水素の製造を始めました。 能力は、1,000Wのミニマムですが、これでしばらく実証実験を続けます。まだ披露できる状況ではありませんが、次は住宅 一軒を水素だけで賄える装置を準備します。 この試運転を開始した時、見学していただける準備が整いますので、お知らせいたします。 つくばまるごとマガジン つくまる制作発行 : 有限会社 ユーコム つくまる事業部 つくまる設置場所 : 各広告掲載店 および つくまるスポンサー店(詳しくはHPで確認できます) つくばまるごとマガジン つくまるVol.70 2017 4月号2017年4月1日発行〒305-0047 茨城県つくば市千現1-12-6 TEL.029-886-3385